いずみホールディングスが可能にする流通革命

従来の流通経路では流通速度を最適化させることは不可能でした。
その理由は中間業者の存在です。
確かに、中間業者は食品流通を正しく行うためには必要不可欠なものでしたが、その存在が生産者と消費者の間に平均7社も入ることによって、それだけ時間がかかります。
生鮮食品の場合、その鮮度が商品価値に大きな影響を与えます。
そのため、生産者に対しての手取りも下がってしまうのです。

このような問題に真正面から取り組んでいるのが、泉卓真氏が代表を務める株式会社いずみホールディングスです。
泉卓真氏が掲げるテーマである「日本の食文化に一番貢献する企業になる」ということを実現するために、中間業者をできるだけ排除してコストダウンを成功させ流通時間を短縮させているのです。
これによって生産者の手取りを上げ、さらには消費者の食費を下げることも可能になります。

また、このような取り組みはテクノロジーの活用無しでは達成することが出来ません。
具体的にそれが表れているのが「産直LIVE」です。
こちらは生産者の元にいずみホールディングスの専門スタッフを派遣し、「今まさに獲れたて」の現場をライブ配信しているのです。
この動画だけではなくトレーサビリーカードも付属することで、どのような商品なのかを明確にするなどの取り組みも行っています。