太陽光発電がある安心感

福島原発問題を機に、日本は原子力や火力発電に替わる新しいエネルギーについて真剣に考えなければならなくなっています。
政府も新エネルギー計画を打ち出して、予算を投入していますが、わたしたち一般人でも直接関わることができるものの1つが、太陽光発電ではないかと思います。
無尽蔵の太陽エネルギーを電力に利用するというのはまさに夢のような話ですが、しかし、それは今や夢物語ではなく実用化され、現実となっています。
パナソニックやシャープ、京セラをはじめ、国内メーカー各社もぞくぞくと太陽光発電の製造に乗り出し、低価格で性能の良い太陽光発電システムが次々に世に送り出されるようになってきています。
太陽光発電システムを導入するメリットはたくさんありますが、その1つをあげるなら、自家発電があるという安心感があります。
東日本大震災のような自然災害で万一電力がストップしても、太陽光発電があれば、電力を自前でまかなうことができるのです。
この安心感は非常に大きいのではないでしょうか。