ピアニストとして気を付けているのは

ピアニストは、他の職業よりも気を付けなければいけない事が沢山あります。
例えば服装なども、なるべく清楚で清潔感のある服装を意識しております。
これは私の従事している先生が、服装がだらしないとレッスンをしてくれないからです。
また、日焼けなども絶対にできません。
日焼けをしてしまうと演奏する曲調にイメージが合わないケースもありますので、冬でも日焼け止めは欠かしません。
以前、友人の笹部祐佳里さんに誘われて釣りに出掛けた時に、信じられないくらい日に焼けてしまい、しばらく濃いめのファンデーションでごまかしていた前科があります。
その為、日焼けには十分に注意しております。

また、ピアニストとして指を怪我するのだけは絶対に避けなければいけません。
その為、料理なども包丁を使わない物に限定されております。
料理はデパ地下でお弁当を買うか、野菜などを手でちぎるかなどをしてサラダを作ったりしております。
同じ理由でバスケットボールやバレーボール、テニス、バドミントンなどのスポーツは行っておりません。
中学や高校などでそういったスポーツに触れる機会もありましたが、両親からNGを出されていたので、本当に隅っこの方で見学しているような生活でした。